ブログ

夢を持つ動機は「憧れ」じゃなく「普通」でいい

 

夢や目標のためだけに生きていると、今現在の楽しみがわからなくなる。

理想の未来が正しくて、今はまだまだと自分に言い聞かせてる感じがずっと続く。

 

夢病は治さない限りずっと続く

実体験。自分は20代前半までずっとこうだった。

3年前の目標は達成している。だけど、新しい目標ができる。それで、「まだまだ足りない」と言っているわけだ。

向上心があって良い、という意見が聞こえてくるけど、そうだろうか。

 

夢病にかかった本人と周りの反応

本人はずっと「なんで自分はダメなんだろう」「どうしたらあんなふうになれるんだろう」と悩み続ける。憧れの人がいて、そんなふうになりたいと思ったりする。

そのせいで、ずーっと劣等感がつきまとう。だれに負けてるわけでもないし、ちゃんと成長していも「ダメな自分」であり続ける。実際はダメじゃなくても。

 

周りから見た反応は、「頑張っててすごい」「夢をもって自由にやってる」という反応。

だけどその反面、「面白みのないやつ」「きついやつ」というふうに見られがちになる。

 

一緒にいて楽しい人間ってのは、「今その時を本気で楽しめる人」だと僕は思っている。

だから、夢病にかかると、「一緒にいて楽しい人間」ではなくなってしまう。

頑張らない時間もあっていい、楽しむだけの時間があっていい、そんな人の周りに人は集まってくる。

 

毎日自分が何をやってるかを大事にしたい

一旦、夢も理想もない自分になってみると、毎日何をやっているのかが良く見えてくる。

目標のための努力をするという選択肢はなくしたら、今すぐ何をするか。

 

人には、超人的な行動力が宿ることがある。

「そこまでやる?」「よくやったなぁ」と言われるようなこと。

それは、毎日何気なく時間を割いてしまい、楽しいと思う隙もないほど自然に続けてしまっていることだ。

 

マンガを読むとか。パズドラやるとか。ギターを弾くとか。プログラミングをするとか。ブログを書くとか。花を植えるとか。

強制的でもいい。家族のために料理をするとかね。

 

ぼくらが憧れて目指したくなる人たちは「なんか毎日やっちゃうこと」とか「毎日やらなきゃいけないこと」が仕事になってるだけ。

努力の上に成り立ったものじゃない。やりたくないことを自分の意思で、毎日何十年もやれない。絶対に。

 

「やりたいこと」か「強制的にやらなきゃいけないこと」の上に目標を作ればいい。努力はしない、いつかそこを通れればいいというくらいのスタンスで。

そして、行動の伴わない夢を捨てる。憧れは永遠に憧れでいい。

「すごい人だ、尊敬する。でも、自分は違う」

自然にやりたくなること、中毒のように毎日続けてしまうこと、夢も理想もない普通の毎日の延長線上にあなたが活躍できる場所がある。

 

自分に合ったことが見つけにくいのはなぜか

普通のことだからだ。

毎日当たり前のようにやってることは、誰かにとってものすごいことだということを忘れちゃいけない。

 

ぼくはもう5年くらい自分のビジネスで生活している。サラリーマンができないからだ。

本当は良い大学を出て、いい会社でサラリーマンして、30年働いて重役になって、家族とのんびり過ごすという人生に憧れている。

そういう人生を歩んでいる人が羨ましい。

 

でも、できない。自分にはサラリーマンを続けていくことはできない。

 

だから、自分で仕事を立ち上げてやっている。

同じことを続けることができないから、色んな仕事を立ち上げて、バンドまでやってるわけ。

 

それがぼくにとっての「普通」だ。

羨ましがられることもあるけど、それが普通じゃない人にとっては、努力したところで結果にたどり着く可能性は低い。

不安とか安定しない感じが体に合わなくて続けられるはずがない。

逆に、ぼくがサラリーマン30年やろうとしても続けられるはずがない。

 

憧れの逆側。自分にとっての普通を大事にするべきだ。

頑張らなくていい。憧れを自分のものにする必要はない。

 

夢病の克服方法

「こんなことをしていてはいけない」と思うことをとことんやる。

「またこんなことに時間を使ってしまった」と自分を叱ってはいけない。

 

こんなことに何時間も時間使う自分を、どう使ってやろうか?と考える。

 

自分は使い方次第だ。

やりたくないことをやらせて「努力しろ」なんて言っても言うこと聞かない。

やりたいことをやらせて、お金をつぎ込んで、無駄にこだわらせると、超人的な自分が出来上がる。

「そこまでやるか?」「よくやるわー」と言わせることができる自分になる。

それが仕事にもなる。

そして、誰かを憧れさせるほどの魅力になっていく。

 

まとめ

「こんなことをやっていてはダメだ」と思うことをとことんやろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@への登録をお願いします!

友だち追加
LINE@ではプレゼント企画や、新曲、新しいイラストの情報をお届けしています。

また、直接応援メッセージをお送りいただけます。メッセージいただけるととても嬉しいです。お問合せもこちらからどうぞ。

PCの方はお問合せページからどうぞ。

作品集

MUSIC

『アルシア』

『Gently War』

イラスト

ページ上部へ戻る