ブログ

友達はいなくていい理由

自分が本当に友達を必要としているなら、友達ができる行動を自然に取るはず。

逆に言えば、友達がいないことが自分にとって大切な何かを得るために必要だってことに気づけると、考える必要もなくなる。

 

友達がいっぱいいたら

極論、自分のことをとても好きだと言ってくれる友達が100人いたら。きっと毎日のように遊びの誘いの電話やLINEが来る。

 

「それはめんどうだな。」って思うのであれば、友達ができないように振る舞う行動を自然にとっている。

たぶん、この記事を読んでる人のほとんどはそういうタイプなんじゃないかな?だとしたら、現在友達がいないのは本心では友達がいないことを望んでいるんじゃないかっていうことも考えてみるといいかもしれない。

 

友達がいないことのメリット

友達がいないことのメリットは、自由にできる時間が奪われないところ。

自由にできる時間を大切にしている、または自由じゃない時間が大嫌い。そんな人には友達はいらない。

 

別の視点から言えば、友達が近くにいると自由に振る舞うことができなくなる人。という言い方もできる。

そういえば、近くに友達がいようが、家族がいようが、一人でいるときと変わりなく自由に振る舞える人は友達が多いような気がする。

どこでも屁をこくやつとか(笑)友達多いよね。

 

なんで友達がほしいと思うのか

もし、普段友達がそんなにいないのに友達がほしいと思ったのであれば、「友達が多い人」を見たからではないだろうか。

近くに誰がいようとも、自分の好きなように自由に振る舞える人であれば友達がたくさんできると思います。友達と楽しそうに笑ってる姿とか。

あの人みたいにみんなから愛される人になりたい、っていう感じで。

 

あとは、漫画とかドラマとかで、周りの人から頼りにされる人物像に憧れたとか。「とある魔術の禁書目録」のトウマを見たとか(笑)

 

まちがった友達の作り方

「誰からも愛される人になりたい」と願ってしまうと、たぶん、自分の首をしめます。

頑張れば一応友達と呼べる人を作れてしまう人は特に。頑張って合わせることができるっていう意味だから。

ぼくは結構このタイプで、人に合わせてしまう。まぁ仕事とかでそういうのが必要なこともあるけど、友達同士でも気にしてしまうことがあるから疲れてしまう。

自分が気を使ってるなと思ったら最後。友達にはなれないと、ぼくは思う。

 

一緒にいても自由に振る舞える人を探そう

「誰からも愛されたい」ではなく、自分がいつでも自由に振る舞えて、少しくらい横暴にしても許してくれて、それでも遊ぼうと言ってくれる人を探そう。

「自分が」という部分が重要で、相手から愛されることを考えるのではなく、「自分が」気を使わないでいられるような人を探すほうがずっと良い友達関係を作れます。

相手が一緒にいることを嫌がったら、「合わなかった」と思えばいい。そこに良し悪しは基本ない。

 

友達が多い人は特定の誰かを「友達」と言わない

これ面白いですよね。

友達が多い人に「〜〜と仲良いよね?」って聞くと「うん…そうなのかな?」とか言います。

「〜〜さんと友達なの?」って聞くと「友達…なのかな?」とか言います。

 

これは、「自分が自由に振る舞える人ってだけで、相手がどう思ってるかわからん。」って意味。

友達が多く見える人は、自然に「自由に振る舞っていられる人」を選んで一緒にいるだけだってことです。

「○○さんは嫌い」とかも言わない。苦手とかって言葉を使う。これも自由に振る舞えないからってだけであって、気を使うから苦手って意味。自由に振る舞えないなら近づかないだけでいい。

 

友達かどうか確認する方法はない

お互いに気を使わないでいられる関係が「友達」だと思う。

しかし、それを確認する方法はない。

相手に「気を使ってない?」と聞いて「気を使ってない」と言われたからといって、本心はわからない。

わかるのは自分が気を使っていないかどうかだけ。

あとは遊びに誘われるかどうかくらいしか判断材料がないけど、それも相手が気を使っていない証拠にはならない。

お互いに気を使わない関係であるかどうかを確実に調べる方法はない。だから、友達かどうかを確認する方法がない。

自分が気を使わないかどうかしかわからないということですね。

 

だから、友達を作りたいというのは不可能なんだけど、自分が気を使わないで振る舞っても一緒にいてくれる人が、楽しそうにしてくれて、また会いたいと言ってくれたら「友達」と勝手に呼んでもいいんじゃないかってぼくは思います。

 

まとめ

傍若無人な自分を召喚するための生贄 = 友達

 



生きることが苦しいときに、気持ちが楽になるイラストを作っています



「THE DIARY OF YOU」は生きることが苦しいときに見ると気持ちが楽になるイラストを制作しています。「人生がつまらないと感じたとき」、「夢や目標のせいで苦しくなったとき」、「他人と一緒にいると落ち着かないとき」、いくら考えても頑張っても不安や痛みがとれない時に見て、必要以上の自己否定を止めて前向きに進んでいけるようになってもらいたいという願いを込めています。

作品や私たちについてはプロフィールにまとめてあります。スマホやPCの待ち受け用イラスト、スクリーンセーバーをプレゼントしていますのでぜひ一度ご覧ください!

→プロフィール/作品はこちら!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

待ち受けイラストプレゼント!

友だち追加
LINE@へのご登録で、スマホ用待ち受けイラスト、PC用待ち受けイラスト、スライド式スクリーンセーバーをプレゼントしています!
また、直接応援メッセージをお送りいただけます。メッセージいただけるととても嬉しいです。

ページ上部へ戻る